So-net無料ブログ作成

長期離脱症候群

症状の重症度は波のように変動する。 一般的な症状は、認知、神経過敏、抑うつ気分、不安障害などであり、そのすべてが再発する可能性と深刻なレベルに達する可能性がある[12][13]

ベンゾジアゼピンからの長期離脱症候群はパニック障害などの全般性不安障害を引き起こすことがある。ときおり長引く特性であることと、ベンゾジアゼピン離脱の重大さにより、突然の断薬は勧められない[14]

共通の症例は以下がある。

  • 心理社会的な機能障害
  • 無快感
  • うつ
  • 対人スキル障害
  • 強迫行動
  • 罪悪感
  • 自律神経失調
  • 悲観的な考え
  • 集中への障害
  • イニシアチブの欠如
  • 渇望
  • はっきりと考えることが出来ない
  • 記憶障害
  • 感情的な過剰反応、しびれ
  • 睡眠障害
  • 身体の調整問題
  • ストレスに対する敏感さ
  • 痛みに対する敏感さの増加
  • パニック障害
  • 全般性不安障害

症状は断続できだが、常に起こるわけではない。それらはストレスやその他の引き金、予期しないタイミングで悪化する。それらは短期間または長期間続くことがある。

次のことは長期離脱症候群をぶり返すか悪化させることがある。

  • ストレスやフラストレーションの状況
  • マルチタスキング
  • 不安・おそれ・怒りの環状
  • 社会的衝突
  • 自身がリラックスできない状況
  • ToDoリストへの掲載のしすぎ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0